± スパイラル

現場負担増

コスト増加

利益の圧迫

笑顔の消失

顧客離れ

従来の衛生管理にHACCPを上乗せ

最適化

生産性向上

コスト削減

適正利益

顧客共感

笑顔の接客

利益還元

​SDGs

HACCPによる衛生管理の見直し

ガラパゴス化した日本の衛生管理

引き算のできる

管理者に

科学的判断が大切

110余年遅れた日本

HACCPは1906年に始まった

EUは階級社会型

​米国は自己責任型

メニューの多い職場は

パターン化される

「常識で考える」意義

リスクマイレージ

店長のリーダーシップ

ヒューマンマネジメント

教育 NG 訓練OK

キーワード

HACCP ≠ 衛生管理

HACCP ≠ 高難・高価

​HACCP ≠ 記録

間違った評判

HACCPの国際標語に「常識で考える」があります。

HACCP構築は、常識を考慮しないと、複雑になり

すぎて、実行率が下がり、逆に、リスクの増大を招き

やすいと言われています。

「常識」は人それぞれですが、ここでいう「常識」は、

ヒューマンマネージメントと確率論のスキルの事です。

航空機産業では、A300航空機事故以来、ヒューマンマネジメントを取り入れてから航空機事故の削減に効果を発揮しました。

HACCPにもヒューマンマネジメントを導入する事

​をお勧めします。

Reasonably likely to occuer

いままで、

いまから

人口減少・高齢社会は、確実に売り上げが減少していきます。いままでの重厚壮大な衛生管理を続けていくと、コスト倒れになりかねません。
HACCP義務化は、米国の生産性に追いつく為に実施されます。
​正しくHACCPを導入して、生産性の高い企業を創り上げていきましょう。

各事業へのお問合せは、ホームページ 「お問い合わせ」、

もしくは、当団体の大阪事務所・管理センターへお電話ください。

お電話での受付時間は、平日9:00~16:00です。

©2019 by 一般社団法人スマイルランド